たんす 引越し 手順

引越しのだいたいの手順

引越し 手順

 

引越しが決まったらまず新居を決めて引越し業者を探して契約し、荷物をまとめながら諸手続きを行います。
忙しいので、だいたいの手順を頭に入れておきましょう。

 

引越しですから引越し業者への見積もりをしたいところですが、それは新居が決まってすぐがオススメです。
新居の情報も引越し料金に関係します。
なんの情報がないまま見積もりを依頼しても正確な金額が計算できませんし、場合によっては受付けてもらうこともできません.

 

・次に不用品の処理ですが、引越し前にできるだけ処分して荷物を減らしましょう。
荷物が少ないほうが引越し費用が安くて済みます。
最近人気のフリマアプリなどに出品しても売ることもできますが、売れるまでに時間がかかりますから早めに動きましょう。

 

・市外引越しの2週間前から「転出届」を出すことができます。
「転出届」を出さずに引越しをすると面倒なことになります。
後から提出しに戻ったり書類を送ってもらうなどの手間がかかりますから、お忘れなく。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。
方法はそれぞれの会社によって異なりますので、まずは電話をして確認してください。

 

・さて、郵便物も引越しさせなければなりません。
最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば、引越し後の1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
手続きには転居届の提出とともに、身分証明書、前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日、荷物の移動は引越し業者にお任せください。
しかし引越し業者が運べない荷物がありますので、それらは自分で運んでください。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。
忘れると選挙ハガキなどが届かなくなってしまうので、お気をつけて。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。

 

トップページ > タンスの配送を安い料金にする方法